山口のひとりごと。。

「ひとりごと」ですので、「そんな見方もあるんだな」くらいで流してもらえれば。

ソナーポケットがライブ活動を休止

 

ソナーポケットがライブ活動を

休止するというニュースを見ました。

 

ソナポケは、eyeronさんと

ko-daiさんのダブルボーカル。

 

それと、トラックメーカーの

mattyさんも含めた3人で

活動しているんですけど、

ko-daiさんの発声障害が理由で

ライブ活動を休止するとのこと。

(ラジオなど、歌を歌わない仕事は

継続するそうです)

 

ko-daiさんはこの度、信頼出来る先生に

出会ったとのことで、

このタイミングで治療に専念する

意志が固まったそうですが、

発声障害自体は以前から

患っていたようです。

 

 

去年、自分はソナーポケット

ライブに行きました。

 

その時にも若干ですけど、

ko-daiさんの歌声が不安定なのかなぁ、と

感じたり、歌い方が苦しそうだなぁ、と

感じたりする部分は正直ありました。

 

ただ、ソナーポケットって

変に高度な技術も使ってなくて、

真っ直ぐな歌い方。

 

そして歌詞も超真っ直ぐなんですね。

 

特にeyeronさんの歌声は

めちゃめちゃ真っ直ぐで、

ko-daiさんは甘い歌声が武器で、

2人のパート割りも上手い。

 

すごく「伝わる」ような歌を

歌うのがソナーポケットだなぁ、と

個人的には思っていて、

ライブ会場でも、ファンの人が

ノリノリになったり、

ラブソングにウットリしたり、と

聴いている人の心がすごく動いて

いるんだなぁということを

感じました。

 

 

結局、歌手はどれだけ上手いか?よりも、

どれだけ人の心を動かすか?なんですよね。

 

カラオケで95点とか98点とか取っても、

それを聴いた人の気持ちが動かないと

プロとは言えない。

 

そういう意味では、ソナポケ

すごく伝わる歌を歌うアーティストです。

 

だから、敢えて上手く歌う必要もなくて、

心を込めて歌ってもらえたら、

それは伝わるし、聴いている人の

心は動くんだろうと。

 

ko-daiさんは発声障害によって

思うような歌が歌えないときに、

「歌がうまくない」「下手くそ」という

書き込みを見てしまって、

それに萎縮してまた声が出なくなるという

悪循環にハマってしまうそうです。

 

でも、そういうことを

書き込んでくる人っていうのは

結局、どんなに素晴らしい歌を

歌ったとしても伝わらないんですよ。

 

そんな人たちっていうのは

心の貧しい、幼稚な人たちだと思うので、

そういう人たちに萎縮するよりも、

ソナポケを好きでいてくれる人たちの

心に届く歌を歌って欲しいなぁ、と。

 

なので、そのためにまずは治療と

気持ちの整理も含めて

しっかり休んでもらって、

ソナポケだけが歌える歌」

「ファンの心に響く歌」を、

自信を持って歌える状態で

帰ってきて欲しいなぁと思います。